グロウスガーデンのインスタグラム グロウスガーデンのフェイスブック

, , ,

駐車場にもお庭にもなる、遊べるエクステリア│オープン外構│庭リフォーム│埼玉県本庄市

群馬県高崎市の外構工事、高低差のある土地を上手におしゃれに活用した外構工事施工例。おすすめはアプローチと駐車場。外構リフォームや庭リフォームもおすすめ。For example,高低差のある土地に建てられた、見晴らしのいいお宅です。
お伺いしたときには、傾斜を上りきったところにすでにコンクリートの駐車場がありました。

使いやすさだけではなく、安全性を考えた外構設計

まずは、道路からその駐車場までスムーズにあがっていけるように、コンクリートのスロープを右側に設け
残りの敷地は思い切って縦にカットしました。
道路と同じ高さのスペースと、建物と同じ高さのスペースの二段に土地を分けることで
メリハリがつき、デザイン性と安全性をアップさせます。

ビフォーアフターのビフォー写真、急な傾斜の上に家、メリハリのなかった土地を切断し二段構えにリフォームした庭と外構工事、For example,リガーデンする前の外構、For example,群馬県高崎市のおすすめ外構エクステリア ビフォーアフターのアフター写真、For example,傾斜をカットしておしゃれに美しく仕上げた外構リフォーム写真、外構工事For example, 外構は庭としても駐車場としても使えるように、For example, 上段にはコンクリートの駐車場があり下段には砕石敷の駐車場がある。

 

魅力的なファサードに不可欠な奥行き感と緑の植栽

ファサードとは、フランス語façadeに由来した言葉で、建物を正面から見たときの外観のことをいいます。

外構は、家の顔となる大切なところです。
少しでもおしゃれに、美しく、それでいてシンプルに仕上げたいですね。

群馬の外構工事施工例, For example,高崎市、For example,傾斜に建てられたおしゃれな家、土地を切断して美しく使いやすく外構をリフォーム。気の利いた外構工事によって安全性がアップしたおすすめの施工例、For example, コンクリートと天然の土留めを取り入れた外構デザイン。カットした断面には、「土留め」とよばれる処置が必要です。
これは、震災や雨水で上段の土が崩れてこないように、境界線の壁をしっかりと留め固めることです。
一般的にはコンクリートを使用することが多いですが、
コンクリートの擁壁(ようへき)で壁を作るだけだと、どうしても無機質で単調なものになってしまいます。

そこで、コンクリートの壁は途中で区切って奥行きを持たせ、
あいだには大きな石と植栽(庭木や下草などです)を積み上げて、自然の造形を再現しました。
緑を添えることで高低差が自然になじみ、地面には根が張って、天然の土留めになります。
人工ではなく、生きた土留めは強いですよ。群馬の外構工事施工例, For example,傾斜に建てられたおしゃれな家、土地を切断して美しく使いやすく外構をリフォーム。気の利いた外構工事によって安全性がアップしたおすすめの施工例、For example, コンクリートと天然の土留めを取り入れた外構デザイン。

 

植栽は、建物にかかるくらい背の高い木を植えました。
建物ごと、空間を包み込むような優しい雰囲気です。建物の白い壁と緑のコントラストが美しいですね。

プライベート空間は広めに、将来にわたって自由がきくように

群馬県高崎市の外構工事施工例, For example,傾斜に建てられたおしゃれな家、土地を切断して美しく使いやすく外構をリフォーム。気の利いた外構工事によって安全性がアップしたおすすめの施工例、For example, 自然を再現した魅力的な外観デザイン、For example, 下草と植栽が美しい外構デザイン。階段の上、建物と同じ高さのスペースは、玄関やお庭から気軽に出入りしやすいところです。
なにかと使いやすいように、もともとあった駐車場の幅よりも、ぐっと広くしています。
自転車をとめたりプールを出したり、主にプライベート空間として活躍してくれると思います。

横からみたときの形が美しい蹴込み(けこみ)の階段

群馬県高崎市の外構工事おすすめの施工例、For example,おしゃれにしあげた石の階段は段差を縮めてつまずき防止に。蹴込みの階段、for example,浮いたように見える一段一段がとてもおしゃれな外構。階段は横からみたときの形が美しい蹴込み(けこみ)の階段です。
積み木をつんだような階段ではなく、一段一段の間が浮いているように見えると思います。
一般的な階段よりも段差のすき間をちぢめて、おしゃれにみせる小ワザです。
計算上は、つまずき防止にもなっているんですよ。

てすりは、視界をさえぎらないシンプルなものに。
壁をつくってしまうと、そこで空間が遮断され、奥行き感や解放感を台無しにしてしまうからです。
 

外構は自由だ!将来に残しておく家族の楽しみ

センスのいい外構工事と庭リフォーム、for example,高低差のある土地、for example,おしゃれな庭、for example,植木の美しい外構、for example,砂利敷きの駐車場、for example,おすすめの外構工事、for example,遊べる庭下の段に広がるスペースは砕石敷きです。
来客時には車も停められますし、子供たちの遊び場にもなります。
チョークで壁に絵を描いたり、バーベキューをしたり、花火をしたり。
ちょっとした広場としても使えます。

駐車場としてもお庭としても使える、多目的空間をぜひ楽しんでください。

このままでも十分使えるスペースですが、このように、雑草対策だけ施して
砕石敷きのまま外構を上手に残しておくと、あとからいくらでも好きなように変えることができます。
一面芝生にすることもできるし、コンクリートにすることも、菜園をつくることもできます。

外構は、予算の関係もありますし、すべてを一度に完成させる必要はないと思っています。
家族が増えるかもしれないし、ライフスタイルが変わるかもしれない。新たな趣味に出会うかもしれない。
ワクワクを未来に残す選択肢も楽しいと思います。

 

PAGE TOP