グロウスガーデンのインスタグラム グロウスガーデンのフェイスブック

「花を見て枝を折る」

剪定をするときには、花や実を見て切りましょう。
という意味だそうです。

花がついたり、実がなった枝は、栄養をたくさん使ったあとなので弱っています。

たいていの樹木は、翌年、その枝には花や実をつけません。
でも、1年休息すると栄養がまわり、回復して、
また見事な花や実をつけます。

 

剪定するときは、花や実をつけた枝から切ります。
そうすると、翌年花や実をつける枝に十分な栄養を回すことができます。

 

綺麗な花が咲いたり、甘いみかんが収穫できたりすると嬉しいですね!

 

関連記事

  1. K邸
PAGE TOP